warning icon
YOUR BROWSER IS OUT OF DATE!

This website uses the latest web technologies so it requires an up-to-date, fast browser!
Please try Firefox or Chrome!

ダイヤ買取では、買い取ったダイヤモンドを3つの方法で市場に戻します。

「ダイヤモンド商」というのを聞いたことがあるでしょうか。

国内だけでなく、海外にも存在するダイヤモンドを専門的に扱う商人の事です。

ダイヤ買取業者は、買い取ったダイヤをセリに出し、そこで、ダイヤモンド商によって買い取られ、海外に輸出されることがあります。

特に、大ぶりのダイヤモンドは日本よりも海外での需要が高く、海外の富裕層向けにダイヤモンド商が買い取っていきます。

これが一つの方法です。

国内のダイヤモンド商によって買い取られ、国内で再び流通することももちろんあります。

これが2つ目の方法です。

そして、ダイヤ買取を行った業者が、そのまま販売店などで販売するというのが3つ目の方法です。

どの場合も、ダイヤモンドは「素材」として流通することになります。

ですからダイヤ買取業者から流れてきたものでも「中古」のレッテルはありません。

永遠に、素材としてまわり続けます。

これは、世界的に見ても同じ価値観で考えられています。

loading
×